赤ちゃんの便秘の原因と解消方法

赤ちゃん

赤ちゃんの便秘

大人でも子供でも毎日排便できれば理想的です。

それは赤ちゃんでも同じなので何日か便が出ていないと心配になりますね。

特に乳幼児期は便秘になりにくいとも言われているので、初めての便秘に大慌てになる方も多いです。

生後1ヶ月を過ぎると便の回数が減ることがありますが、2~3日出ないなど排便の回数が減っても、排便時にやわらかい便がたくさん出てるようなら大丈夫でしょう。

排便の回数には当然個人差があり、赤ちゃんでも1~2日程度ならそれほど問題はありません。

3~5日以上出ていなかったり、おしりをむずむずしている。

機嫌が悪かったり、見るからにおなかが張っている。

という場合は便秘の可能性があります。

赤ちゃんが便秘になってしまう主な原因

母乳不足

主な原因は水分量の不足で母乳やミルクの量が足りていない場合があります。

母乳の栄養は消化吸収が良いので、排便回数は多くなるので、母乳を飲んだ回数分くらいは排便をするのが普通です。

母乳が出ないのでミルクで代用している場合や、ミルクの回数が増えてきた場合などは便秘になりやすいとされます。

そんな時は、母乳が不足しないように、毎日の食事などはきちんとすると良いでしょう。

離乳食の食べ始めによる水分不足

離乳食が始まった頃の赤ちゃんも水分が不足し、便秘気味になることもあります。

母乳やミルクを止めることで水分不足が原因で便が出なくなるのです。

このような時は、離乳食を工夫し繊維質の多いサツマイモや豆類、緑黄色野菜、バナナなど食物繊維を多くすると良いとされます。

水分不足にならない為にみかん果汁やリンゴ果汁など摂りミルクや水分の補給を気をつけるようにしましょう。

運動不足

大人同様に運動不足も便秘の原因になります。

ねんねからハイハイ、タッチができるようになるまでの赤ちゃんは急激な成長を遂げています。

思っている以上に遊び足らないこともあるので、たっぷり遊んであげましょう。

また、体を自由に動かせないねんねの頃は手足を動かして遊んであげて下さい。

外にお散歩へ行くだけでも赤ちゃんには十分な運動です。

便秘予防には適度の運動のほかに、マッサージもおすすめ。

腸の動きが良くなります。

お腹に円を書くように優しくマッサージをしてあげて下さい。

遊びの中でお腹をくすぐったり、触ったりとスキンシップも良いですね。

そして日ごろから便の回数や形状などチェックしておくと便秘にもすぐ気が付きますし、もし受診する場合でも医師にスムーズに伝えやすくなりますよ。

綿棒浣腸という方法があります。

綿棒をほぐして、ベビーオイルをたっぷりとつけ綿棒を肛門から2センチくらい差し込んで刺激を与えます。

どうしても出ない時など試してみると良いでしょう。

↓↓↓赤ちゃんでも安心な便秘に良い食べ物を探している方はコチラ↓↓↓

ランキングバナー

このページの先頭へ