けいれん性便秘

生きている上で誰もが受けるストレスがあり、それは学校での成績や人間関係、職場での人間関係や仕事上のトラブルなど様々です。

ストレスはありふれた身近なものですが、過剰なストレスが加わると免疫力が低下するので様々な病気にもかかりやすくなることが知られています。

そして、けいれん性便秘の原因には、この過剰なストレスが原因となっているのです。

痙攣(けいれん)性便秘の症状

便秘と下痢を交互に繰り返す

便秘と下痢を繰り返す事が多く、便秘が良くなったと思ったら下痢が始まったりと繰り返す事が多いとされます。

腸は自律神経によって活動をしていますが、ストレスなどで自律神経が過敏になったりすると腸の活動も過敏になり運動する時は過剰に運動し、休憩する時は停滞するまで活力が低下したりと、上手くコントロールができなくなるのです。

また、腸は便を送り出すだけではなく、便の水分の吸収もしており過剰に吸収し便がコロコロと乾燥したり、水分の吸収が不十分で下痢になったりします。

下腹部に痛みを感じることがある

腸の暴走ともとれる運動や停滞を繰り返すことにより、消化や便の送り出しがスムーズにいかないで内容物がつまり、腹痛を感じることもしばしばです。

腸のスムーズな運動が阻害されている事が原因なので、食後に下腹部痛が症状で出る場合が多くあります。

コロコロした硬い便がでる

便の水分調整が上手くできず、過剰に水分が吸収されたり、水分が吸収されなかったりすますが、過剰に吸収された時は便がコロコロとして排便後にも残便感を感じる場合も有ります。

痙攣(けいれん)性便秘の原因

ストレスによる自律神経の乱れ

過度なストレスは、気持ちが落ち込んだりイライラしたりと精神上に変化をもたらすだけではなく、交感神経と副交感神経のバランスを崩し自立神経にダメージを与えます。

自律神経とは、人間が意識してなくても肺は呼吸し、胃は食べ物を消化し、腸は便を送り出しますがこれらは意識しなくても体が自分から活動していますが、自律神経はこれら意識しなくても活動する器官のコントロールをしています。

つまり、自律神経は、体内の代謝や消化にをコントロールしているので、自律神経が乱れるとコントロールしている器官の活動にも乱れが生じるのです。

具体的には、自律神経に乱れが生じ、便を送り出す腸の「蠕動(ぜんどう)運動」と呼ばれる大腸の筋肉が収縮を繰り返すことによって便を肛門へと押し出す運動に障害が出て便を送り出せずに便秘になるのです。

自律神経が過敏になり、腸が痙攣(けいれん)していることから痙攣性便秘と呼ばれるのです。

痙攣(けいれん)性便秘の解消法

人間の気分は感情によって作用している様に見えますが実は違います。

人間の気分はホルモンにより左右されており、幸せな気分になれるホルモンも存在します。

幸せホルモンとも呼ばれるホルモンが、セロトニンと呼ばれるホルモンでこのホルモンが分泌されるとストレスに強くなり、心のバランスが崩れにくくなることで知れらています。

つまり、このホルモンを増やす事で痙攣性便秘の原因となるストレスを軽減する事ができるのです。

このセロトニンの90%は、腸に存在すると言われこのホルモンの分泌と腸内環境は密接な環境があるのです。

つまり、腸内環境が悪化するとセロトニンの分泌も減りストレスにも弱くなるというわけですね。

逆に、腸内環境が良くなるとセロトニンの分泌が活発になりストレスに対して強くなるのです。

腸内環境を良くするには、腸内環境を良くする善玉菌を増やし、腸内環境を悪化させる悪玉菌を減らす事です。

善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌に代表される腸内細菌で、悪玉菌はウェルシュ菌や腸球菌などに代表される腸内細菌です。

ただ、生きている善玉菌では無いとこの腸内環境の改善はできないのでサプリメントを選ぶ時は腸まで届く強い菌を選ばなければなりません。

↓↓↓まとめて手軽に便秘に良い食べ物を探している方はコチラ↓↓↓

ランキングバナー

このページの先頭へ