妊婦の便秘

妊婦さん

妊婦の便秘 原因と対策

もともと快便体質の方でも、妊娠中は便秘になりやすくなります。

妊婦の便秘について調べてみました。

まず、ホルモンの影響です。

妊娠中は流産から母子を守るため黄体ホルモンの分泌が活発になります。

黄体ホルモンは水分を体内に蓄えようと働きかけるため、大腸の水分を吸収する役割があります。

水分量が減ると便は硬くなり、排便しにくくなります。

他にもおなかが大きくなることも原因のひとつです。

おなかが大きくなると腸を圧迫し、機能の低下につながります。

また、肛門も圧迫するので痔になりやすくなるとも言われています。

そして精神面も影響を与えます。

妊娠中には精神が不安定になる要素がたくさんあります。

妊娠することで起こる体型の変化やつわり、さまざまな不快感や不安などバランスの崩しやすい時期です。ストレスを感じることも多くなります。

精神的に不安定な状態は自律神経が乱れやすくなります。自律神経は腸に影響を与えるのでストレスを受けている状態は腸の活動が鈍くなり便秘になりやすくなります。

便秘にならない対策としては食事・水分補給・運動と一般的な便秘と同じです。

食物繊維の多い食品に発酵食品や乳酸菌などを意識して取り入れましょう。

水分が不足すると便が硬くなり、滑りも悪くなるので出にくくなります。

こまめな水分補給が大切です。

そして適度な運動も行うことです。体を動かすことで腸を刺激します。

自律神経を整えることにもなり、腸を活性化します。

激しい運動ではなく、歩くだけでも十分です。

妊娠中の身体にあった運動を行いましょう。

身体を動かすことは良いお産にもつながりますよ。

↓↓↓妊婦さんでも安心の便秘に良い食べ物を探している方はコチラ↓↓↓

ランキングバナー

このページの先頭へ