女性の便秘

Fotolia_43624186_XS

女性の2人に1人は便秘症と言われ男性よりも便秘になりやすいとされます。

なぜなら、女性が便秘になりやすい3つの原因があるからです。

  • 食事量や栄養バランスが悪い
  • 女性は腹筋力が弱い
  • 女性特有のホルモンバランスの乱れ

食事量や栄養バランスが悪い

女性の便秘の原因で一番多いのが栄養バランスの悪い食事で、「太りたくない」「痩せたい」などの思いがありどうしても無理なダイエットや中途半端な知識でするダイエットにより栄養のバランスを悪化させます。

特にダイエットの為に食事量を減らし、1日2食であったり、低カロリー食品ばかり食べたりすることも多いのではないでしょうか?

このような不規則な食事は、腸の活動を低下させ便秘になる可能性を高めます。

食べる量が少ないと、便の量も当然少なくなり便のかさが増えないので便意が起こりにくくなるのです。

さらに便意をもよおす便の量に達するまでに時間がかかるため、便の水分が過剰に吸収されコロコロのウサギの糞みたいな硬い便になります。

女性は腹筋力が弱い

腹筋力が弱い場合、胃下垂や内臓下垂がおこしやすく、臓器が下に垂れると腸が圧迫されてしまいます。

また、腹筋力が弱いと腸の蠕動運動が鈍くなり、便を送り出し排出する力が弱くなるので便秘にまりやすくなります。

女性は男性に比べ筋力が弱いためこの腹筋力が弱いためにおこる便秘が多いです。

女性ホルモンの影響

生理前と生理後には黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されますが、そのホルモンにより便秘になる場合があります。

大腸からの水分吸収を促進する働き

黄体ホルモンは、女性の身体を妊娠の準備をさせる作用があり体内の水分量を維持する働きがあります。

黄体ホルモンの分泌量が多くなる生理前は、体内に水分を保持するので、大腸で食物から水分を吸収するのを促進させます。

このようなことから大腸の中の便は水分が減って硬くなり、排出されにくくなる場合があります。

子宮の収縮を抑える働き

黄体ホルモンは、排卵後に妊娠が成立した場合に備えて、腸を動かす筋肉をコントロールしています。

そのため、腸の蠕動(ぜんどう)運動が減り、便を肛門へと運ばなくなることから便秘になるケースがあります。

女性の便秘解消法

腹筋を鍛え、摂取する栄養素を変えるだけで殆どの場合は解消が可能です。

腹筋運動

2日に1回のペース、もしくは週2~3回行うようにしましょう。

簡単な運動法を紹介していますのでコチラをご覧になると良いでしょう。

腹筋運動の方法

食事法

1日2食ならキチンと1日3食摂るようにしましょう。

便秘解消の必須栄養素である、善玉菌・オリゴ糖・食物繊維・マグネシウム・ビタミンCを摂取しましょう。

また、水分量も大切なポイントなので、水分補給をしておきましょう。

↓↓↓まとめて手軽に便秘に良い食べ物を探している方はコチラ↓↓↓

ランキングバナー

関連記事

生理前に便秘になる理由

女性が男性に比べお腹の不調をうったえやすいのは生理があるからです。 生理前になると便秘になる、便秘になると下痢になってしまうなど、生理の前後でお腹の不調を覚えたことは有りませんでしょか? これは生理前にホルモンバランスの・・・

女性のお腹のトラブル原因と対策

人間の腹部はとても複雑で、臓器の数も多くトラブルの種類も多くなります。 お腹に症状が出ると、「あ~昨日食べたものがあたったのかな?昨日食べすぎたかな?風邪かな?」と考えがちですが、ひょっとしたら何らかの病気のサインかもし・・・

お腹のトラブルの種類と考えられる病気

お腹のトラブルには、腹痛、下痢、便秘、嘔吐、ガスだまり、吐き気など様々でどれもやっかいで困りものです。 下痢や便秘を繰り返したり、ガスが溜まって腹痛を起こすなど症状が重なったりもしますよね。 お腹のトラブルには必ず原因と・・・

このページの先頭へ