プレバイオティクス

プロバイオティクスと並んで覚えておきたい言葉が、プレバイオティクスです。

プレバイオティクスとは、人間の消化器官が消化できない食物成分で、これらは人間が食べても吸収されずに大腸まで届き、大腸に住む乳酸菌やビフィズス菌の栄養源になります。

腸内の限られた菌の栄養源にしかならないので、悪玉菌はこれらを栄養源にできないので、乳酸菌やビフィズス菌が増えて宿主に有益な効果を与えます。

プレバイオティクスの要件

  • 消化管で分解・吸収されない。
  • 人間に有益な腸内細菌の栄養源となる。
  • 最終的に結腸細菌叢をより健康的な組成に変化させなければならない。
  • 宿主の健康に有益な消化管または全身的効果を誘導しなければならない。

プレバイオティクスは、腸内細菌全ての栄養源になるわけではなく、人体に有益な善玉菌のみこれを分解し栄養源とすることができる物質なのです。

これを摂取する事で、大腸内のビフィズス菌と乳酸菌の数を増やし、これらの善玉菌は代謝活動により有機酸を酸性にすることから腸内が酸性になり、酸性の環境下では増殖でき無い悪玉菌の増殖が抑えられます。

プレバイオティクスに該当する栄養素は、オリゴ糖が代表的なもので、人間はこの消化酵素を持たないため小腸では消化されずに大腸まで届き、大腸に存在する善玉菌の栄養源となります。

オリゴ糖は、はタマネギ、ニンニク、オートムギ、チコリルート、大麦、キクイモ、西洋ニラネギ、ライ麦など多数の食品に含まれます。

オリゴ糖はまた、虫歯になり難い天然の甘味料として使用され、様々な食品に使用されている他、糖質制限のなる糖尿病患者にも最適な甘味料とされています。

オリゴ糖に代表されるプレバイオティクスの主な働きは大腸内の善玉菌の増殖を促進させることです。

また、食物繊維などの非消化性炭水化物が存在すると結腸全体の細菌代謝活動が誘導され、炭水化物発酵が活発になります。

プレバイオティクスが含まれる食品

オリゴ糖は、タマネギ、ゴボウ、アスパラガス、キャベツ、トウモロコシ、ネギや、豆類、ハチミツ、バナナ、牛乳などに含まれます。

食品に含まれるオリゴ糖は少ないので、サプリメントで補うよ良いでしょう。

食物繊維は、穀物、芋類、豆類や、海藻、キノコ、コンニャク、ゴボウやニンジンなどの根菜にも多く含まれます。

オリゴ糖と食物繊維を組み合せたサプリメント、プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせたサプリメントなどを選べば効率的に補給する事が可能です。

↓↓↓プレバイオティクスを含む食べ物を探している方はコチラ↓↓↓

ランキングバナー

このページの先頭へ