便秘の人はオナラが臭くなる

おなかが張ったり、おなら便が臭くなったり、お腹のガス溜まりに悩まれている方は多いのではないでしょうか?

お腹にたまるガスは、呼吸時に胃に入った空気、腸内で悪玉菌が便を腐敗させた結果発生したガスの2種類があります。

呼吸時に入った空気とは、食事などで空気も一緒に入ってしまうケースでこれは食事方法などを見直す事で解消されます。

しかし、腸内で悪玉菌が便を腐敗させて発生したガスは、発生源である悪玉菌を減らさないと解消されません。

食べ物は口から胃の間で細かくされ消化酵素が添加されながら腸の中を吸収しながらゆっくり進みますが、大腸では便として出るまで余分な水分が吸収されます。

便が出るまでこの大腸に止め置かれるわけですが、この便に含まれる脂質やたんぱく質は悪玉菌の栄養源となり、悪玉菌はこれをエネルギー源にするとともに代謝をして、代謝物としてアミン、インドール、スカトールなどの有害ガスを生成します。

食事中に入った空気がおならとして出る場合はほぼ無臭ですが、腸内の悪玉菌が生成したガスがオナラとして出ると強い刺激臭を伴います。

この悪玉菌が発生したガスは臭いだけなら良いのですが、このガスが腸内で吸収されると血流に乗り全身を巡り、呼気から出ると口臭になり、皮膚から出ると体臭となります。

また、このガスは腸にダメージを与えるので、腸の活力が低下して更に便秘はひどくなり、便秘は腸にダメージを与えるという悪循環になります。

善玉菌を摂取すると腸内を酸性にするので、この臭いガスを発生させる悪玉菌を減少させる効果が望めます。

腸内で善玉菌が生きていないと、悪玉菌を減らせないので、善玉菌を選ぶ時は胃酸や熱に負けない強い菌を選ぶと良いでしょう。

↓↓↓下剤に頼らない便秘に良い食べ物を探している方はコチラ↓↓↓

ランキングバナー

このページの先頭へ