原因から解消法まで

pixta_7974446_M


便秘とは

世の中には便秘に悩まされている人もかなり多いと思われます。

便秘というのは、大便が長期間に渡って腸内にあり、排便がスムーズに行われていない状態のことを指します。
中には1週間以上も排便が無いという方も存在します。

便秘になってしまうと、健康が損なわれることも多くなっているので、注意が必要となります。

よく勘違いされることが多いのですが、「排便がない=便秘」だと思われている事が多いということです。

確かに排便がない状態のことを便秘というように言いますが、毎日排便があっても量が少なく体調が芳しくないという方にとっては、
排便が出ている状態でも「便秘」ということになります。

また排便のサイクルが2~3日に1回しか無いという方でも、体調不良が見当たらないというのなら、その人にとって最適の排便サイクルということになります。

そのため、どのような状況を「便秘」なのかというと、「体調が良いのか悪いのか」という部分が判断基準となります。


便秘の種類

便秘の種類については、様々なものがあります。

医学的には「器質性便秘」や「機能性便秘」、「症候性便秘」、「薬物性便秘」というように呼ばれていますが、簡単に紹介すると「腸に異常がある状態」「生活リズムが狂っている状態」「大便を排出する筋肉が弱まっている状態」と、これら3つのうちのどれかに分類されることが多いです。

多くの人が悩む便秘ですが、この便秘には原因により分類され、器質性便秘機能性便秘という2種類に分かます。

器質性便秘

器質性便秘とは、食べた内容物が便が作られる過程で腸に何らかの障害がおきて、便のスムーズな排出が困難である状態を指します。

食物を口から摂取すると胃・小腸・大腸・肛門という経路で消化管を通過しますが、大腸に形質異常や疾患などがあると腸管が狭くなり便秘となるケースがあり器質性便秘と診断されます。

その他、事故やストレスなどによって腸の形状が変化してしまい、排便が困難になるということもあります。

この場合多くは手術によって治療されることが多いですが、これも便秘の一種です。

可能性がある疾患:大腸ガン、大腸ポリープ、腸閉塞、潰瘍性大腸炎、後腹膜腫瘍、子宮筋腫

機能性便秘

機能性便秘は疾患が原因ではなく、生活習慣などに由来する便秘で直腸性便秘、痙攣性便秘、弛緩性便秘に分けることができます。

  • 排便を我慢するなどして直腸の運動反射が鈍くなる直腸性便秘
  • 逆に腸の活動が活発になりすぎて腸管が狭くなる痙攣性便秘
  • 腸の緊張が緩み便を移動させる運動が弱くなった弛緩性便秘

などなど、機能性便秘は薬を飲んで排泄を促すだけでは解消が難しく、日頃の生活が原因で食習慣や生活習慣の改善で解消ができる便秘と言えます。

この機能性便秘は「生活リズムが狂うことによる便秘」でと理解すれば宜しいでしょう。

その他、無理なダイエットや規則正しい生活を送れなくなってしまうと生じてしまう便秘となっています。

この便秘の特徴としては、「もとに戻すとすぐに治る」というのが特徴的です。

無理なダイエットの代表例としては食事制限というものが挙げられますが、食事制限でも糖質を抑えて栄養面でキッチリと摂取しているのなら問題ないのですが、水分量を極端に少なくしたり、食べなくなるというようなダイエットをしてしまうと便秘に悩まされます。

直腸性便秘
弛緩性便秘
痙攣性便秘


便秘の原因

便秘の原因には様々なものが考えられますが、現代人の生活の中で最も多いのは「ストレス」と「高齢化」、「食生活の乱れ」の3つとなっています。

それでは、それぞれの原因によってなぜ便秘が引き起こされるのかということについて紹介していきます。

便秘はお腹が苦しいというだけでなく、そのままにしておくと大きな病気になってしまう可能性もあるので、まずは原因を探り便秘改善に努めましょう!

ストレスが原因による便秘

人間の身体というのはストレスに非常に弱い性質を持っています。

ストレスの感じ方に関しても人それぞれなのですが、ストレス耐性のない方は、ほんの少しのストレスでも、内蔵に大きな負担をかけてしまうことが多いです。

よく言われることですが、「ストレスのせいで胃に穴が空いた」というような話をよく聞きます。

これと同じように、ストレスを感じてしまうことによって、食欲が減退したり、満足に眠れなかったりと様々な障害を被ることになってしまいます。

そうなると、さらに内臓の働きが弱くなってしまい排便することが困難になり、便秘になります。

更にストレスが蓄積されることによって、血管が収縮してしまい、血液の流れが悪くなってしまいます。そうすると、内臓の働きが悪くなるので、便秘になってしまうんです。

加齢が原因の便秘

個人差はありますが、人間というのは年齢を重ねると身体の筋肉量が少なくなります。

極稀に年配の方でもバリバリに動きまわるという方が存在しますが、一般的には筋肉量が少なくなる傾向にあります。

そして、排便に関してですが排便は腸の蠕動運動によって排出されるものとなっているので、筋肉量が低下していると排便することが困難になります。

排便することが難しくなるので、ますます便が腸内に溜まっていき便秘になってしまうということになります。

これは、筋肉量が低下している高齢者の方に多い症状となっていますが、妊娠期の女性なども筋肉量が低下する傾向にありますので、同じことが言えます。

食生活の乱れによる便秘

現代人が最も多いのが、この「食生活の乱れによる便秘」です。

近年の日本人は欧米化ということもあり、食生活まで欧米化していることが多いです。

外食に行けば肉を食べ野菜を食べない。

家で調理をする回数も減少傾向にあり、買ってきた惣菜で食事を済ませる。

というように、便秘の解消を促す食物繊維やビタミンといった栄養を摂取しない方が増え排便を促す栄養素を摂取しないために便秘になるということになります。

ダイエットをしている方も多くおリ、食事量が少ないことから必要となる食物繊維が不足しているケースが非常に多くあります。

また食事の好き嫌いが激しくあり、野菜をあまり口にしないという方の場合もお通じが悪いという理由にぴったり当てはまる原因を抱えていると言えます。

ちなみに、欧米では肉食の文化が有名なので、日本でも似たような食生活をしている方が多いですが、欧米の家庭料理に関しては主に野菜料理がメインとなっている国が多いので、その辺りを無視して同じような食生活をすると体調を壊すことが多いです。

運動不足が原因の便秘

運動をしていない体というのは、代謝が悪くなってしまうので、やはり内臓の働きが悪くなりますし、老廃物をしっかりと排出することが出来なくなってしまうということが大きな原因です。

水分不足が原因の便秘

水分不足も便秘の原因ですよね。会社に勤めていたりすると、頻繁にトイレに行くことも出来ないので、ついつい飲み物を我慢してしまうということがありますが、水分が足りなくなると血液がドロドロになってしまって、老廃物がどんどん蓄積されてしまうし、老廃物から活性酸素が発生してしまうので、どんどん代謝が悪くなっていってしまいます。

冷え性が原因の便秘

、女性は冷え性と便秘がセットになっているような部分がありますが、やはりこれも血行が悪くなってしまうということが原因です。

女性は男性よりも便秘になりやすいと言われており、たしかに周囲を見渡してみると男性で症状を訴える方はあまりおらず、女性のほうが圧倒的に多いと言えます。

女性ホルモンが原因の便秘

女性の場合はホルモン分泌の関係により、便が排出されにくい状況に陥ることもよくあります。

これは生理前や妊娠の初期の時期には「黄体ホルモン」が多く分泌されるのが理由で、このホルモンの作用により大腸では水分の吸収が盛んになります。

本来、便は適度な水分を含んでいることにより腸の蠕動運動の影響を受けやすくなるのですが、水分が失われた便は柔軟性が失われて固化してしまいます。

硬い便は体外への排出が非常に難しくなり、こうした事情は男性では見られない女性特有の症状だと言えますね。

こうした時は水分を多めに取るなどの対策が必要になります。


性別や年齢別の便秘の特徴

男性の便秘
女性の便秘
高齢者の便秘 150 妊婦の便秘150 子供の便秘150 赤ちゃんの便秘150


便秘薬(下剤)の解説

便秘薬というのは基本的に「排便を促す薬」となっているので、「下剤」とも呼ばれています。

便秘薬と下剤を分けて考えている人が多いですが、どちらも一般的には同じ薬を指しているので、間違えないようにしてください。

そして、下剤についてですが、主に2つの種類に分けられています。

  • 腸の蠕動運動を促して排便しやすくする薬
  • 大便を柔らかくすることで排便しやすくする薬

と、これら2つのどちらかに分けられます。

病院などで処方される薬によっては2つの効果が配合されている薬などが処方されることもあります。

まずは、腸の蠕動運動を促す薬についてですが、こちらが病院などで処方される際に一般的な薬となっています。

薬局などで購入する下剤については、大便を柔らかくして排便を促すタイプの薬が多いので、効果は強いですが、副作用として下痢になりやすいということも挙げられます。

しかし、蠕動運動を促すタイプに関しては、効果がある人とない人で極端に分かれます。

蠕動運動を促しても大便が固くなってしまっていて、なかなか排便をすることが出来ないということもありますので、そのような場合には大便を柔らかくすることで排便しやすくする薬が処方されることが多いです。

便秘薬の種類に関しても、ジフェニルメタン系やアントラキノン系というように様々な種類に分かれていますが、中にはアレルギー反応を起こしやすいものや、妊婦が使用すると胎児に影響を与えてしまうものまで、沢山の副作用があります。

そのため、疾病や持病があるという方は便秘になった際に市販の便秘薬で解消するのではなく、面倒でも病院に行ってキチンと診断を仰ぐようにしてください。

市販の薬には、それほど副作用の強い薬もありませんが、体調が悪かったり病気を持っていたりすると、少ない副作用でも病気を悪化させてしまうような結果になることがあるので注意が必要です。

中には浣腸などで便秘を解消するという方がいますが、浣腸は一時的な解消にしかならないのであまりオススメできません。

便秘薬が症状を悪化させる?

一般的に医薬品は症状を改善させるため飲むと思われていますが、便秘薬の場合は一時的な作用で排泄を促すものであり、お通じが悪くなった根本的な原因を改善させることはでないのです。

この手の下剤は腸の動きを無理やり活発化して排泄を促す場合が多くありますので、
単に排泄が加速するだけでなく水分吸収も進んで便がより固化してしまうという副作用もありますので、そう頻繁に使わないよう注意しなければいけません。

便秘薬依存

便秘薬依存というのは、便秘薬を摂取していないと正常な排便が行われないという状況のことを指します。

便秘薬依存に陥ってしまう理由としては基本的に「楽だから」ということが挙げられます。

薬を摂取していれば正常な排便が行われるので、危機感なく処方している方が非常に多いです。

中には、病気などの理由があって便秘薬がないと排便することが出来ないという方も存在しますが、この場合は「依存」というよりも「病気」となるので、今回は除外させて頂きます。

便秘薬依存を改善するためには下記のことを行うといいでしょう。

  • 1.薬の量を減らして最終的にゼロにする
  • 2.食物繊維と水分を多く取り、定期的に運動をするようにする

これら2点のことを行うだけで便秘薬依存から抜け出すことが出来ます。

便秘薬依存状態になっている人が便秘薬の摂取をいきなり止めてしまうと、やはり排便されないことが多いです。

そのため、便秘薬の量を少しずつ減らしていきます。

最初は1割程度の量を減らすだけで構いません。

そして、1~2週間して、排便が正常ならさらに1割を減らすというようにします。

便秘薬を減らすことによって排便が困難になってしまう場合がありますので、食物繊維を多く摂取するようにして大便を柔らかくするために水分量も多めに摂取するようにします。

さらに、蠕動運動を促すように適度な運動をするということで、便秘薬依存から解消されるということになります。

便秘薬依存の間違った解消法としては、「いきなり薬の摂取を止めてしまう」ということにあります。

そうすると、今まで便秘薬に頼って排便していたものがいきなり無くなってしまうので、排便することが困難になり、また便秘薬を摂取するということになってしまいます。

便秘薬依存を解消するためのポイントとしては、「徐々に便秘薬の量を減らす」ということが大切です。

便秘薬が減った分、排便を促す力が弱まるので、それを補助するために生活習慣を見直すということが重要となっています。

下剤の種類
下剤の副作用


腸内環境

腸は第二の脳と言われる程神経が集中し健康に関係する役割を担っています。

腸は免疫に関する機能も担っているため、腸の環境が乱れてしまうと様々な病気を引き起こします。

腸内環境の維持は人の健康を保つことにとって、とても重要なことなのです。

腸内細菌

腸内には約100種類、100兆個の細菌が住んでいるといわれ、人間の体重の約1~1.5kgは腸内細菌であることが知られています。

腸内細菌は善玉菌と悪玉菌に分類され、これらのバランスによって腸内環境の健康状態が成り立っています。

善玉菌・・・人体に有益な働きをする

悪玉菌・・・人体に有害な働きをする

善玉菌が増えれば腸の健康状態が改善され、善玉菌が減れば悪玉菌が増えるので、腸の働きが悪くなります。

この腸内細菌のバランスが乱れてしまうと、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

  • 高血圧、心臓病、脳卒中やガン
  • 吹き出物、肌荒れ、じんましん、ニキビ
  • 頭痛、めまい、肝性昏睡
  • 便秘、下痢、体臭

といった臓器の障害や皮膚障害などといった疾病や障害が出てくる恐れがあります。

このような悪影響を防ぐためにも、腸内環境を整えることは大切なのです。

腸内環境の改善

腸内環境を整えるためには、健康に良い効果をもたらす善玉菌を増やす必要があります。

便秘の人は腸内環境が悪くなっていることが多く、悪玉菌が増えて腸内環境が悪化していることを考えるべきです。

腸内環境を毎日維持していくためには、腸の中に住んでいる善玉菌を増やす必要があり、腸機能が正常に働きだすので根本から便秘が解消されるというわけです。

これら腸内環境を改善する食事法をプロバイオティクスとプレバイオティクスと呼びます。

  • プロバイオティクス・・・人体に良い影響を与える微生物(善玉菌)を摂取する。
  • プレバイオティクス・・・腸内の善玉菌が増えやすい環境をつくる物質(オリゴ糖など)を摂取する。

これらを取り入れることで、便秘を解消することが期待できます。

善玉菌は体内のブドウ糖や乳糖といった成分を分解して「乳酸」「酢酸」を生み出す性質を持っています。

この乳酸と酢酸は大腸の蠕動運動を促す働きがあるので、排便しやすくなるという効果があり便秘に効果的な影響を与えると考えられています。

さらに善玉菌は大便に水分を与えるという効果も持っているので、便秘によって水分量が失われてしまった大便に水分を与えて排便しやすくするということになります。

通常、大便に含まれている水分量は80%程度だとされていますが、腸内に長く大便があると、腸壁から水分が吸収されてしまい便の中に含まれる水分がどんどん減少するということになります。

そのため、便秘中の大便に含まれる水分量は約60%となっていて、排便することが困難な状況になっているということになります。

その状態の便に水分を与えて排出しやすくなるという効果があるために、善玉菌が便秘に効果的だとされています。

善玉菌はヨーグルトなどにも多く含まれているのですが、ヨーグルトはほとんどが脂質となっているので、乳酸菌の働きを妨げ、悪玉菌にとって環境が良い状態を作り出してしまう傾向にあるので、過剰な摂取は避けたほうが良いでしょう。

ben1 ben2 ben3 ben4


便秘が引き起こす悪い事

便秘になってしまって、お腹が苦しいというだけじゃなくて、色々な病気になってしまう可能性があり、決して軽視することが出来ません。

便秘を伴う主な病気は沢山あるのですが、その中でも特になりやすい病気を解説したいと思います。

便秘で一番なりやすい病気というのは、痔ですね。

女性でも便秘が原因で痔になってしまうと言われていますが、固くなってしまった便が排出されるときに、肛門を無理に広げてしまうので、傷つけてしまって、痔になってしまいます。

大腸ポリープ

便が大腸を傷つけてしまい、そこが腫瘍となってしまって、ポリープになってしまいます。

ポリープがひどくなってしまうと、大腸がんになってしまうので出来るだけ早期発見することが大切です。

大腸憩室症

便秘を伴う主な病気で、大腸憩室症という病気もあります。

これは大腸内の粘膜が一部分陥没してしまって、憩室と呼ばれるくぼみが出来てしまうのですが、初期では自覚症状がありませんが、進行してしまうと腹膜炎になってしまったりするので、やはりきちんと検査をして早期発見することが大切ですね。

過敏性腸症候群

これも多い病気ですが、過敏性腸症候群があります。

とくに腸内に問題があるというわけでは無いのですが、お腹が痛くなってしまうことが頻繁に起こってしまい、落ち着いて座っていられない状態になってしまうことがあります。

過敏性腸症候群はストレスが原因て言われていますので、出来るだけストレスを発散するようにしてあげることが大切です。

便秘とニキビ 便秘とオナラ 便秘と痔 便の色と病気 便秘とむくみ


便秘解消法

便秘に効く成分

便秘に効く成分としては、ほんとうに様々なものがあり、便秘解消のサプリメントなども多く販売されています。

便秘の解消に効果的な成分としては、主に3つの成分があります。

  • ・善玉菌
  • ・オリゴ糖
  • ・食物繊維

それぞれ効能が異なるので、どれか1つだけを摂取するよりも、少しずつでいいので全てを摂取するようにしたほうが効果的です。

まずはオリゴ糖の効能についてですが、オリゴ糖は腸内のビフィズス菌を活性化させるという働きがあります。

そのため、善玉菌と一緒に摂取をすると、より効果的に便秘を解消することが出来るようになります。

そして、善玉菌に関しては、便秘の主な原因とされる悪玉菌を排除するという働きがありますので、腸内が健康に保たれ、排便を促しやすくするという効果があります。

最後に食物繊維についてですが、食物繊維は2つの種類に分けられます。

簡単に紹介すると「食物内に水分が多いか少ないか」という判断基準です。

食物内に水分が多く食物繊維も多い食べ物というと、海藻類やこんにゃく、果物類などが挙げられます。

次に、水分が少ないものはゴボウや人参といった根菜に多いのが特徴的です。

どちらが効果的なのかという問題ではなく、これらの食物繊維をバランスよく摂取することがポイントです。

効能としては、「腸内を綺麗にする」という効果と「腸を刺激して排便を促す」という効果の2つがあります。

そして、よく忘れられている成分が、下記の二つの成分です。

  • ・マグネシウム
  • ・ビタミンC

これら、マグネシウムとビタミンCは、腸のぜん動運動を活発にする役割があるのでこれらの成分も一緒に摂取するようにしましょう。

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)

人間の腸はホースのような形状で全長は7~9mの長さがあり体内に取り込んだ食物を消化吸収しつつ通過させています。

一般的に長いホースから内部の物を押し出すにはかなりの圧力を必要としますが、私たちは普段生活する中で消化管内の食物の移動の為に力むことはありません。

無意識のうちに排泄へといざなわれますが、ここにはどのような力が加わっているのでしょうか。

実は腸内では私たちの無意識下で蠕動運動(ぜんどううんどう)というものが行われており、管内の食物の移動をスムーズに行っているのです。

これは自律神経と呼ばれる自分の意思とは関係なく体の機能をコントロールすることができる神経による作用で、心臓を鼓動させたり胃で消化を行うなど蠕動運動と同様に人体にとって重要な機能の調整を司っています。

自律神経系の臓器は自身の意識が介在するところではありませんので、食物や水分の摂取や運動をするなど刺激を与えることにより、勝手に腸内での運動が活発に行われるようになります。

蠕動運動が低下することで便秘を招く

この運動は足の無い虫が地面を這って前に進むのと似たような動きをしており、筋肉の収縮により腸壁が波のような動きを見せて、徐々に前へ前へと押し出されていくことになります。

ただこの蠕動運動は体外からの刺激や体内環境などに左右されることが多く、運動機能が低下したり機能停止に追い込まれると、便秘の症状がでてくることになります。

ランキングバナー

引用元:便秘サプリメント・・・便秘に効果的な乳酸菌サプリメントの使い方

サブコンテンツ

このページの先頭へ